新しい発想を生み出せるかどうかは、企業環境に大きく左右される。経営者が率先して環境つくりに取り組まないと、社員から新しい発想は出てこない。役立つ事例を改めて紹介します。(※「ビジネスのアイデアがどんどん出てくる本」 2017年5月発行の記事を再構成)

なぜ今、新しい発想が必要なのか?

人間を起点に考えれば、中小企業でも新しい発想を出せる(画像)
[画像のクリックで拡大表示]

 この特集では、どうすれば新しい発想が出てくるのか、そうした企業は他社と何が違うのか、企業の経営者やビジネスパーソンはどんなことに注意しているのかなどを解説する。ここでは、まとめとしてポイントを示す。新しい発想の最大のポイントは、ユーザーや生活者を起点にすることだ。生活者が何を考え、どう行動しているかを深く理解し、それに沿った対応をする。社員や取引先、パートナーも人間であり、社内や社外の

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>