4Pの「Place」とは、商品を販売する場所はどこが最適か考えることだ。業種=「何を売るか」と業態=「どう売るか」に区分して考えるのが一般的。最近では旧来の業態の垣根を越えた小売店が増え、戦略立案が難化している。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>