製品が市場に導入されてから売れなくなって退出するまでのサイクルを知ることが大切。製品がライフサイクルのどのステージにあるかを見極め、対応したマーケティングを展開する。製品ごとの役割を明確にするプロダクトポートフォリオという考え方もある。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>