マーケティング戦略を組み立てていくときに最初に取り組むのが、現状を把握し、市場をつかむための「環境分析」。知っておきたいポイントを、改めて紹介します。※「マーケティング基礎読本増補改訂版」(2017年5月28日発行)の記事を再構成

ビジネスのプレーヤーを、市場・顧客、競合、自社という3つの視点から分析する手法。顧客ニーズの変化と、競合の対応と仕組みを先に分析し、自社の課題を明らかにする。ニーズがあるのに競合がまだ対応していない領域をカバーする戦略の立案に狙いがある。

 3C分析とは、戦略立案における市場環境の分析のためのフレームワークである。具体的には、ビジネスのプレーヤーを「市場・顧客(Customer)」、「競合(Competitor)」、「自社(Company)」の3つの切り口で分析をすることであり、それぞれの頭文字を取って3C分析と名付けられている。

3つの視点から複合的に分析する

図1 3C分析の考え方
図1 3C分析の考え方
[画像のクリックで拡大表示]
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>