デジタルマーケティングの今を理解するのに欠かせない最新トレンドのキーワードを紹介事例と共に解説。大ヒットムックから改めて紹介します。(※「最新マーケティングの教科書2018」(2017年12月14日発行)の記事を再構成)

マイクロインフルエンサ―とは、広く大衆にリーチはしないが、特定のカテゴリーやコミュニティーの中で影響力を発揮するインフルエンサーのこと。信奉者とのコミュニケーションが活発で、一般のインフルエンサーに比べてエンゲージメント率が高いのが特徴だ。もっともステルスマーケティングと取られてもおかしくない投稿もあるため、今後、ルール作りが必要になりそうだ。

局所的に影響力を持つSNSユーザー ステマ的な投稿には懸念あり

 マイクロインフルエンサ―とは、数十万、数百万のファンやフォロワーを擁するインフルエンサーほど大衆にリーチする影響力はないものの、特定のカテゴリーやコミュニティーにおいては信奉者がいて影響力を発揮する、いわば“プチ”インフルエンサーのこと。接頭語の「マイクロ」は相対的な概念で、フォロワー何人以下と明確に定義はされていないが、万単位には満たない水準を指すケースが一般的だ。

 このマイクロインフルエンサーは、ファンとのコミュニケーションが活発で、ファンやフォロワー数に対するいいね!やコメント、シェア、リツイートの件数、すなわちエンゲージメント率が高いのが特徴だ。一般的にファンやフォロワー数が増えるとライトなファンが増え、エンゲージメント率は下がっていく。そこで、マスではないが活性化したコミュニティーを築き、高いエンゲージメント率を誇るインフルエンサーにアプローチしようという考え方が出てきたことが、昨今、マイクロインフルエンサーが脚光を浴びている理由である。

 ジャンルごとに影響力を持つインフルエンサーを紹介する代理店もあるが、ステルスマーケティングには注意したい。ブロガーイベントなどでは、「A社のイベントに招待されて参加している」旨などを明記する「関係性の明示」が周知徹底されるようになった。だがInstagramでは写真がメインで長い文章はそぐわないため、曖昧になっているケースが散見される。十数個並べたハッシュタグの中によく見ると、「#PR」と記しているケースもある。それで「明示」といえるかどうか、ルール作りが必要になりそうだ。

参考になる本
SNSマーケで脚光を浴びる「マイクロインフルエンサー」とは(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
『デジタルマーケティングの教科書』
牧田幸裕著
東洋経済新報社 2000円
従来型マーケティングが依拠してきたフレームワークが、デジタルマーケティングによってどう進化するのかを、全体的に分かりやすく示した書。マイクロインフルエンサーを活用する前に、マーケティングの基本を知りたいという読者に役立つ。

全編コロナ後書き下ろし!
「ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか」(2020年6月29日発売)
酒井大輔著、日経BP、1760円

 既存店と同じ商品を扱いながら、売り方を変えただけで2倍売れた!衝撃の新業態「ワークマンプラス」誕生から2年近く。消費増税も、新型コロナ禍も物ともせず、2桁成長を続けるワークマンの強さの秘密に迫りました。

 主人公は、商社からやってきた1人の男。作業服専門店が、なぜ今をときめくアパレルショップになれたのか。客層を大きく拡大できたのはなぜなのか。実は水面下で、緻密かつ計算され尽くした戦略がありました。組織が躍動し、変わっていく姿を、物語仕立てで克明に描写。本邦初公開の情報も余すことなく盛り込みました。ワークマンは新型コロナにどう立ち向かったのか。アフターコロナで何を仕掛けるのか。本書を読めばすべて分かります。新時代のリーダー像、成果を出すチームづくりの極意も見えてくるはずです。
Amazonで購入する
日経BP SHOPで購入する