自動車、工場機器、医療機器、スポーツ器具といったさまざまなモノがインターネットに接続され始めた。モノがインターネットを通じて、情報をやり取りできるようになる意義は極めて大きい。企業の事業領域を再定義し、新たな産業が生まれる起爆剤になると期待されている。