デジタルマーケティングの今を理解するのに欠かせない「カスタマーセントリック」「デジタルトランスフォーメーション」など経営に欠かせないキーワードを事例と共に解説。大ヒットムック 「最新マーケティングの教科書2018」(2017年12月14日発行)から改めて紹介します。

人々の生活の隅々に、デジタル技術が行き渡ることにより起きる大変化を指す。デジタル技術が急速に進み、実生活に大きな影響を与えることが確実なことから、注目を浴びている。変化を成功に導くためには「データ」の活用が不可欠。そのためのツールの導入などが欠かせない。

 生活の隅々にデジタル技術が行き渡ることで、大きな変化が起きている。消費者の日常生活はもちろん、企業の意思決定やビジネスの仕組みにも変化が生まれ、この変化を成長の糧にできるかどうかが、企業の将来を左右する。この新しい時代で成功している企業や団体に共通しているのが、顧客を理解する上で「データ」を活用していることである。

 デジタル化を実現するために必要なツールは企業にとってすぐ手の届くところにあり、加えてほとんどの企業はファーストパーティーデータ(企業と顧客の間で直接共有されるデータ)という宝の山を既に持つ。後は、これらの潜在力をいかに解き放つかを学べばよいだけだ。

 ところが、従来型の組織を持つ企業の多くでは、膨大な量のデータが蓄積されているのに、データを必要とする部署でそれらをうまく活用できないため、その潜在的なパワーを生かせていなかった。これが、貧弱なカスタマーエクスペリエンスと組織全体の非効率化につながっている。

 マーケターは、組織全体に散らばっているデータサイロ(データが孤立した状況)を破壊し、データを統合して、顧客を単一のビュー(存在)にまとめ、特定の時点での各個人のニーズを理解し、それに応じてアクションを起こす必要がある。

 例えば、マーケターは詳細な顧客プロファイルを作成し、顧客により魅力的なマーケティングを提供してカスタマーエクスペリエンスを改善し、長期的なロイヤルティーを得ることができるはずだ。そのためにも、企業にはデータを適切に収集、編成、強化、アクティブ化した上で維持管理することが求められている。

図1 伝統的なビジネスとの違い
図1 伝統的なビジネスとの違い
[画像のクリックで拡大表示]
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>

全編コロナ後書き下ろし!
「ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか」(2020年6月29日発売)
酒井大輔著、日経BP、1760円

 既存店と同じ商品を扱いながら、売り方を変えただけで2倍売れた!衝撃の新業態「ワークマンプラス」誕生から2年近く。消費増税も、新型コロナ禍も物ともせず、2桁成長を続けるワークマンの強さの秘密に迫りました。

 主人公は、商社からやってきた1人の男。作業服専門店が、なぜ今をときめくアパレルショップになれたのか。客層を大きく拡大できたのはなぜなのか。実は水面下で、緻密かつ計算され尽くした戦略がありました。組織が躍動し、変わっていく姿を、物語仕立てで克明に描写。本邦初公開の情報も余すことなく盛り込みました。ワークマンは新型コロナにどう立ち向かったのか。アフターコロナで何を仕掛けるのか。本書を読めばすべて分かります。新時代のリーダー像、成果を出すチームづくりの極意も見えてくるはずです。
Amazonで購入する
日経BP SHOPで購入する